姓名判断の始まり

旧字体の流派はこれ

姓名判断には、大きく分けて2つの流派があります。
旧字体と新字体の流派です。
新字体と旧字体の違いは、例えば渡辺という漢字で説明すると、新字体が「渡辺」で旧字体が「渡邊」という違いがあります。
旧字体の代表的な流派は、中国の漢字辞典を元に作られた熊崎式姓名判断があります。
どちらの字体にも共通する事は、天格や人格や地格や総格や外格の五格を使用し、姓名判断を行う事です。
熊崎式姓名判断は、姓名判断で最初にできた流派です。
一番はじめにできた流派を元に様々な流派が作られました。
流派により姓名判断の結果が異なります。
どの流派で姓名判断を受けても、その答えが必ず正しいとは言い切れませんので、参考程度にとどめておきましょう。

新字体の流派を調べてみた

新字体で有名な流派は、新字体を使用する桑野式姓名判断で、天格や人格や地格や総格や外格の五格と社会運や家庭運や内運Aや内運Bを組み合わせて、姓名判断を行います。
最近では、数字の縦と横と斜めを使用して、名字が旧字体で、名前が新字体を使用して占う吉元式姓名判断もあります。
ネット上に名前を入力し、漢字の画数だけで占う事の出来るサイトもありますが、そのサイトのみの占い結果を信じ、お子さんの名前など決めないようにしましょう。
一生名乗っていかなければならない大事なお子さんの名前を決める際には、直接占い師と対面してしっかりと考えた上で決める事をおすすめします。
占いの結果にかかわらず、親御さん自身がお子さんに良い名前をつけてあげる事ができたと思える事が大切です。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る