• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

姓名判断の始まり

姓名判断と簡単に言っても、流派があるって知っていましたか?流派?なにそれという方向けに、姓名判断の流派についてお話したいと思います。 姓名判断をこれからしてもらいたいなと考えている方は、まずは基本的な姓名判断の流派からしっかりと知っておきましょう。 続きを読む

あなたは知ってた?姓名判断の流派

日本で姓名判断が始まったのは、日本人が姓を初めて名乗った明治以降からで、現在日本では姓名判断と簡単にいっても様々な流派があり、流派ごとに姓名判断に関する考え方や画数の数え方が異なります。
昭和初期にある人物が始めた「五聖閣」が現在の日本の姓名判断の元となっています。
五聖閣では、基本的に中国の漢字辞典である康煕字典に掲載されている旧字体を使用し占う事を推薦しており、実際の漢字の画数ではなく、文字の始まりや意味に基づいて、画数を決めています。
ちなみに数字は、読み方そのままの画数で数えています。
現在の姓名判断では、漢字本来の意味で、画数を数えるのではなく、漢字自体の正確な画数で数えましょうという考え方が広まってきています。
旧字体で必ず姓名判断を行わなければならないという流派だけではなく、新字体を使用した姓名判断を行う流派もあります。
このサイトでは、姓名判断の流派や姓名判断の中でも特に幸運な画数や結婚して名字が変わり、運気が下がってしまった際の対処法などについてお話したいと思います。
姓名判断に関する基本的な知識や難しい知識まで幅広く知りたい方向けの記事です。
姓名判断に興味がある方やお子さんの名前を考える際の参考にしてみてはどうでしょうか。
占い好きの方にも楽しんで読んでもらえる記事ですので、実際に読んでみる事をおすすめします。
読み終わった後に、この記事を読んでよかったと思ってもらえるはずです。

幸運の画数を知ろう

姓名判断には、81種類もの画数がありますが、その中でも幸運の画数というのがあるのを知っていますか?いくつかある幸運の画数についてお話したいと思いますので読んでみてくださいね。 もしかしたら、この記事を読んでいるあなたが幸運の画数を持っているかもしれません。 続きを読む

結婚して名前が変わったら運気が変わってしまったあなたへ

結婚して名前が変わってしまった事で、運気が悪くなってしまった方はいませんか?姓名判断をしていないから気づかないだけで運気が悪くなっているのを気づかない方も多いと思います。 運気が変わってしまった際の対策法についてお話したいと思いますので、しっかりと読んで覚えておきましょう。 続きを読む

▲トップへ戻る